2018年05月18日

NPO-AEG VSS


時間あるうちに連投。
NPO-AEGのVSS購入しました。

各社メーカーからVSSが電動ガンされ久しいですが
ようやく手に入れました。

現在メジャーどころのLCT、キングアームズ、G&G、S&Tからマスプロダクトの発売されてますが
どれも弱点を抱えているように見えて購入を控えてました。

その中でもキングアームズのVSSがスタイルがベストでかつ
PSO-1スコープが搭載でき第一候補でしたが
モーター収納の関係からストック内部が薄くなり
強度に絶対的な不安を抱えていることから二の足を踏んでいました。

次に期待を集めて発売されたLCTですが
ストックがアレンジされており、強度を確保できているものの
銃本体の全体的な大きさ実物よりも大きく重く、自分にとって致命的だったのが
PSO-1が搭載できない弱点を抱えています。
外観がしっかりしている分、高級です。

G&Gは後発でしたが、特殊ギミックを詰め込みすぎて電動ガンとしての性能に不安がり
特殊な構造が災いしてさらに大きく、銃口が何故か不自然な位置にあります。
そして高額です。

S&Tは、ぱっと見コレジャナイ感が強いです(笑)
安価で手に入りやすいのですが、人のを分解した限り、サバゲ用にするためには
結局1~2万くらいかかり、妥協する金額にはなり得ないと考えました。
軽量ですが全体的に長く、ストックが樹脂ですが強度と固定方法に不安を感じます。

そこで評判のいいNPO製に目を付けました。
現在のロッドは、PSO-1が搭載でき、モーターハウジングが鉄板を使ったスマートなものになり
リアルサイズのストックの厚みが4mm以上あり、固定方法もスチールの爪を使い強度は十分です。
本体もフルスチールですが実物同様軽量です。
マガジンもLCTの物が無加工で使えます!
あとは、デッキロック、トリガー、リアサイトが忠実に再現されています。
値段もLCT、G&Gより一回り高いくらいなので、VSSの決定版が欲しい人には
自身をもっておすすめできます。


(※トリガーの形状のおかげで簡単な冶具を作らないと組立が難しいw)
メカボはマイクロスイッチ、QDスプリング交換仕様でさらに高精度ですがギアがヘリカルなので
ギアの交換をおすすめします。インナーバレルはステンレス製のNPO刻印仕様ですが
銃口付近まで長いです。

私は、サプ先端付近のインナーバレルセンター保持の穴を生かしインナーバレルに穴を開けて
吸音材を入れました。ショートにして、保持用の穴をドリルで拡大して使う方法もありです。
サプ根本はピッチの細かいネジ仕様で高精度に固定できるので遊びはありません。

フレームもスチールなのでレール部の破損の不安はありません。


感想としては決して安くはない値段でしたが、これは満足度の高い買い物でした。

記念に勝ったベクターオプティクスのPK-Aのレプリカも
ゼロイン出来、決定版のダットサイトになりました。
これはAK用のアタッチメント付きで光量もあり
おすすめです。





同じカテゴリー(AK)の記事画像
S&T製PPSH41をブルーイング
PPSH-41
次世代AKS-74、リアル化仕上げ
次世代AKS-74完成!ブルーイング&汚し
AK74MN→AKS-74
RS SVD マガジン
同じカテゴリー(AK)の記事
 S&T製PPSH41をブルーイング (2012-11-07 17:59)
 PPSH-41 (2012-02-02 17:19)
 次世代AKS-74、リアル化仕上げ (2011-02-08 22:59)
 次世代AKS-74完成!ブルーイング&汚し (2011-01-31 22:50)
 AK74MN→AKS-74 (2010-12-26 22:03)
 RS SVD マガジン (2010-12-20 21:54)
Posted by クリンコフ at 11:05│Comments(0)AK
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。