2016年09月21日

サバゲパーティ2016秋戦記 後編


サバゲパーティ2016秋 後編です。
今回は天気が心配でしたが、雨は降らず曇りで暑くもなく快適に過ごすことができました。
当日の参加者は約130名ほどで
ゴールデンウィークに比べると少ない人数でした。

楽しかった夜も更け当日を迎えることができました。
ガルムの中では前夜祭が終われば8割終わったようなものですが(笑)


で、今回の目玉というとコレ!
軽機、前へ!!
の帝国陸軍が誇る高性能軽機関銃、九九式軽機関銃です!


博物館にも展示してあるくらい精巧なKTW製の電動ガンですが
ご存知の通り値段もエアガン界のロールスロイスです。
我がガルム旅団のリーダー、門家が手に入れました!!
ちなみにこの日、納品だったそうで・・・
南部鉄製でエアガンというより、工芸品であり
そのたたずまいは、メイドインジャパンの魂を具現化したような存在!
風格すら感じます!
マイホームすら構えていない私ごときにはとてもじゃないですが手を出せません。
これは仕事も私生活も子育ても一生懸命こなし、一息入れた男が手に入れることができる
もはや神器であります。
門家さんありがとう!こんなに早く実物を目にすることができるとは・・・!
いつも盛り上げてくれるためにいろんな物を用意してくれて!

敵機はっけーんっ・・・!
ってぇ~!!


全員ヒットされました・・・

同じくKTWの三八式歩兵銃殿!
・・・そろそろ脱着マガジン化してください!!





日本独自のスタイルに興味しんしんの英露の二人。
異文化交流の場!いわゆる想像しやすい江戸時代までの刀は、戦場において目釘が耐えれず
刀身だけが抜け飛んでしまったり、錆が浮いたり実用的ではなく指揮官のステータスアイテム兼指揮刀として
実用的な西洋式のサーベルを使用していました。
しかしそこはやはり侍の末裔たる日本人で。
日本刀懐古の思いから当時の技術で、様々な改良を加え
戦場の過酷な環境に耐えうるために現代刀として兵器化した
軍刀を制式化したのです。


まぁ、すべて受け売りで彼らの持っているのは当然レプリカですがね(笑)



逆に特徴的なロシアのVSS消音狙撃銃のレクチャーを受ける先輩。


生まれて初めてのエアガン射撃と三次元化の紅の豚!
紅の豚のコスプレ、ナイスな選択でした。












ゲーム中の写真は少なかったのですがこんな感じでした。





恒例の記念撮影をして



あっという間にサバゲパーティも閉幕しました。
準備は一月前から始めてましたが終わってしまえばあっという間です。
次回は春、このイベントが終わればシーズンオフの足音が聞こえてくるのが北海道です。









また来年に備えて皆さま日々をがんばりましょう!!










Posted by クリンコフ at 16:50│Comments(2)
この記事へのコメント
おつかれさま^^

今度は早めにテントにごあいさつに行きますww
Posted by 陸自先生陸自先生 at 2016年09月21日 23:57
終わった後、数名風邪引きました笑
傷病兵だらけでしたが楽しかったです☆
次回、お待ちしておりますw
Posted by クリンコフクリンコフ at 2016年09月23日 09:10
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。