スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上記事の更新がないブログに表示されます。
新しい記事を書くことで、こちらの広告の表示を消すことができます。  
Posted by ミリタリーブログ at

2017年12月11日

S&T 三八式の調整について


(これはKTW製)

S&Tの三八式の記事が出てきましたね。
私も購入しました。
WW2ファンじゃない方でも
有名な三八式歩兵銃のモデルで
サバイバルゲームに向いたアイアンサイトを備えマガジン式でオーソドックスなオルトアクションエアーコッキング式に
期待された方も多いでしょう。


しかし、購入された方の中には、実射性能に不満を待つ人もいるのではないでしょうか?

まず大手メーカーの部品で共通して使えるものを
判明した限り、つづろうと思います。

まずバレル周りですがVSR用の物が使えます。
というよりバレルとチャンバーパッキンごと取り換えましょう。
純正のままだと長すぎるバレル長さのため、ホップ回転により
BB弾がバレルを脱出する前に浮き上がり、バレル内の摩擦により
発射エネルギーも失ってしまいます。
高初速の海外用なら、浮き上がる前に弾が脱出するので問題にならないため
この長さなんだと思います。
RSのドラグノフも同じ症状でした。

次にスプリングですが
純正だと直径約12mm、内径約10mmのバネが入ってると思います。
カットで調整されているものなら直径14mmほどのワッシャーをピストン内に入れ
カットした側のバネをピストン側み入れて自由回転によりバネの回転トルクを相殺しましょう。
なお、スプリングガイドは前後二段になっており、内径の細いVSR用のバネも使える形状になっています。


もう一つのネタは一年以上前の頼まれ物のDAKジャケットのバージョンアップ。
将校用に。

歩兵将校用襟章とアフリカ戦線従軍カフタイトル


自分用のスプリンターパターンジャケット。


  

2011年02月07日

ナガン


またまた鉄砲買っちゃいました。
zetalabo製ナガンカービンです。

クラシックなエアコキボルトアクションライフルが
以前から欲しかったのですがフルスチールの質感に惹かれ
衝動買いです。


しかし、初速がこんな感じ・・・
すぐ弾が内部の隙間にはさまり射撃不可・・・
フロントサイトが曲がってたり・・・

ホップの突起がずれてたり・・・

大改修が必要でした。


ノズルが6mmのため弾がチャンバー後部からポロッと抜ける問題は
6mmポンチで穴を開けたゴム板で解決、ホップはマルイのホップクッションを
切ってホップラバーと調整用の芋ネジの隙間に入れなんとか解決しましたが
問題は安全すぎる低初速。


インナーバレルとチャンバーの隙間にシールテープを巻き付け、
マルイ純正スプリングを切って足しました。


これで適正ホップ時で84m/s。
エアコキ長物ならこれは低いです。

わかさぎ釣りのついでに実射もしてみました結果
精度や飛び自体は使える物ですがパワーがもう少しほしいところです。


替えのバネが手に入り次第、煮詰めていくつもりです。  

2011年01月04日

ベネリの木スト作成


普段ゲームで愛用しているマルイのベネリ用にストックを作成しました。
以前からピストルグリップは好みに合わずライフルストックタイプの
社外製パーツを探していましたが存在せず、以前作成したUZIストックの
ノウハウを元に作り始めました。


今回も材料は手軽に手に入る厚さ38mmのパイン(松)材です。


参考にしたのはマルゼンのレミントンM870のもの。
実銃では安物のベネリよりも遙かに信頼のおける散弾銃ですが
ゲームウェポンとしてはガスシェル方式は実用に耐えれません。


ストック基部に合うように材木を加工しなくてはいけません。

切削用のドリルビットを使いノミとヤスリで形を整えます。
薄くなる部分もあるのでセメダインで補強しながら慎重に進めます。


先に長ネジを通せる用にロングドリルを使い貫通させてから20mmのドリルで
穴を広げます。

仮装着、ピッタリ納めるまでヤスリ、小刀で微調整を繰り返しましょう。
ここまでトータル2時間くらい。

そしてエッジを取って形にしていきます。

ゴムパッドをはめるためのストックエンドの加工です。
ノミとヤスリでサッとやっつけます。

パイン材は、非常に柔らかく水分で曲がったり膨らんだりするので
ニスなどの処理は必須です。
全体をサンドペーパーで磨きニス塗りの準備をします。
ニスは経験上、最初の塗りは少し多めに薄め、刷毛でサッと全体に塗り
丸一日置いてから、もう一度サンドペーパーで平面だしを行い
ボロ切れにニスをつけ全体に染みこませるように薄く塗ります。
半日おいてから、表面硬度を強くするためクリアーニスを
ボロ切れにつけ、全体をコーティングします。
色味が深くなり、高級感が出ます。
艶消しにする方は、さらにそのクリアー膜の上から艶消しニスを塗りましょう。



スリングは好みでつけたりします。
イメージが大分変わりました。
どこかで出してくれればいいんですがね~


おまけ~。
前回のAKにいいモデルつきました。
HRCTブログより~HRCT









  

2010年03月17日

ベネリM3 オーバーホール 


以前マウントを装着していたエアーショットガンのベネリです。
古くなったせいか、ほとんど飛距離が出なくなりました。
以前は伸びのある弾道と優れた命中精度で狙撃が可能だったのですが
現在は散弾銃らしく近距離でしか使えません。
しかし、このシリーズはおもしろいもので
3発が命中する瞬間は独特の快感があります。
せっかくマウントをつけたのだからミニスコープを
使い長射程を生かした遊びを再びしたくて
今回、オーバーオールして射撃性能を新品状態に戻そうと思いました。

用意したパーツは
・チャンバー周辺パーツ
・メインスプリング
で去年近所のお店で注文したのですが
今回M16ストックと同時にようやく届きました。


酷使するとチャンバーが破損する話は、聞いていましたが、意外にも
無事でした。
ピストン周りも割れがなく、ピストンカップも無事でしたが・・・

メインスプリングがこの通り。
上が新品ですがへたりすぎてて1cmほど短くなっていました。

内部をクリーニング&グリースアップしてスプリングを交換したところ
再び、伸びる弾道を見せてくれました。

千円未満で、また調子がよくなるので
面倒くさいかもしれませんが長く使ってる人にはお勧めですね。

  

2010年01月09日

ベネリを整備


なんの変哲もないエアーショットガンのベネリですが
ゲームで使うと楽しいおもちゃです。

このエリアでのゲームでは人気のアイテムで
気づけば味方の半数以上がベネリの時があります。

しかし、愛用のこのベネリ君ですが
このほど元気が無く、全盛期のころの勢いはどこへやら・・・
再び愛を入れ込むことにしました。


ショップで交換用の銃声スプリングとチャンバー一式を注文したついでに
インターネットで見かける全国のベネリユーザーの多くの人がしている
レイルマウントを付けてみます。
今回レシーバーの裏側からネジ止めするためにレイルの中心が
溝になっているβスペツナズ用のレイルを用意しました。
本来どこに取り付ける物かは解りかねますが比較的安く、より強固に固定で出来そうなのは
これだけでした。



まず取り付け位置を想定し、あらかじめ空けられているねじ穴と作動部に影響のない位置との兼ね合いを
計ります。

意外と内部フレームと外装の隙間が無く、後方のネジ穴を使い実際に作動させてたところ、シリンダーと
ネジ頭が干渉し写真の通り傷が付いてしまいました。

仕方ないので後方に新たなねじ穴をあけました。

それに合わせて内部フレームの干渉部分を削ります。
ネジ頭の平らな組ネジ使えば最初から問題はないのですが・・・・
仮組後は、レシーバーABSの上、薄く強度的に不安なのでレイルとの隙間に
パテを入れるなり、薄板を張るなどしたほうがオススメですね。
私はさらに接着剤で固定しました。
   ※ただしレイルをつけると元のアイアンサイトは使えなくなるので注意!

仕上げにキャロムのブラックスチールで塗装


ホロサイトを載せてみましたが、持ち前の長射程を生かしてミニスコープを載せても
おもしろそうです。
ヒットアンドアウェイが有利なショットガンの特性を生かすため
ダットサイトでの瞬間的なサイティングスピードのアップは
より快適なゲーム展開が期待できます。
手軽なのでオススメです。

ではではこの辺で!